スポンサーサイト

  • 2010.06.15 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


<労災申請>精神疾患、初の1000件超 認定は減少傾向−−09年度厚労省まとめ(毎日新聞)

 仕事上のストレスが原因によるうつ病など精神疾患に関する09年度の労災請求件数が、前年度比209人増の1136人(うち自殺157人、前年度比9人増)と過去最多となったことが14日、厚生労働省のまとめで分かった。精神疾患の労災認定は前年度比35人減の234人(うち自殺63人、同3人減)だった。申請が急増する中、認定は減少しており、認定のあり方に疑問の声も出ている。

 厚労省のまとめによると、精神疾患の請求で労災が認定された率は年度をまたぐケースを含め27・5%(前年度比3・7ポイント低下)。認定の年代別では、30代が75人(前年度比1人増)で最多、次いで40代(57人)、20代(55人)だった。このうち自殺での認定は、40代が最多の20人(前年度比5人増)だった。

 請求は全年代で前年度を大きく上回ったが、特に30代(364人)、40代(316人)の働き盛りで増加した。20代、30代は自殺の請求が増えた。決定内容に不服がある場合に行う審査請求は281人(同28人増)で、05年度の倍近くあり、決定への不満が目立った。

 厚労省職業病認定対策室は「精神疾患の請求が増えたのは、認定基準を緩和したので、請求しようとする人が増えたのではないか。増加の社会的背景は分析できていない」と話している。

 一方、残業など長時間労働による脳・心疾患は請求767人(うち死亡237人、前年度比122人減)、認定293人(同106人、同52人減)で、申請、認定ともに前年度を下回った。【東海林智】

【関連ニュース】
労災請求:精神疾患の件数1136人 過去最多 09年度
陸自隊員暴行死訴訟:両親と国和解成立 東京高裁で
顔にやけど男女差認定:厚労省控訴断念 障害等級見直しへ
労災認定:会社員自殺はパワハラが原因 島田労基署
労災:顔にやけど「性別で障害認定に差」は違憲…京都地裁

南アW杯 いざ初戦!日本サポーターも集結(毎日新聞)
水柱80メートル!! 神戸港で機雷爆破処理(産経新聞)
<鳩山前首相>特使で訪中 上海万博のジャパンデーに合わせ(毎日新聞)
首相の所信表明演説、11日を提案…与党(読売新聞)
世界遺産暫定リスト入りへ=佐渡鉱山、百舌鳥古墳群―文化審(時事通信)

<民主代表選>樽床氏「社会保障を抜本改革」(毎日新聞)

 樽床伸二衆院議員が3日、民主党本部で代表選出馬を表明した会見の要旨は次の通り。

 代表選に立候補する決意をした。民主党に新しい政治を期待をする結果が昨年の政権交代だった。現実的には政権を運営していく中でいろんな壁がある。乗り越えて再生に向けて全力で歩んでいかなければならない。

 一つは世代交代。2点目は掲げた政策を着実に前進させたい。昨年のマニフェストの「一丁目一番地」の約束は、衆院の定数80減。もう一つは社会保障、年金医療、介護の分野だ。しかし私たちは次の衆院選まで消費税を上げない約束をしている。この約束は守っていきたい。両立させていくには、社会保障分野の抜本的制度改革を作り、(消費税率引き上げを)国民に提示できる段階に至った時に信を問うべきだ。

 今回の迷走の一つの原因が、普天間問題だ。鳩山由紀夫首相が首相の座を降りる代償を払って合意した内容(日米共同声明)は守っていかなければならない。沖縄の負担を減らしていく方向に向けて、根気強く、ノミとトンカチで固い岩盤に穴を開け続けていきたい。

 −−小沢一郎前民主党幹事長との距離感は。

 小沢氏の存在感は大きいかもわからないが、何かにつけて小沢氏との距離がどうのこうのと、すべて親小沢、反小沢に分ける考え方には立っていない。

【関連ニュース】
民主代表選:菅氏を岡田・前田氏が支持 樽床氏と一騎打ち
郵政改革法案:衆院で審議入り 5野党は本会議に欠席
民主党代表選:菅氏、今夕出馬会見 岡田・前原氏が支持 樽床氏も立候補へ

はやぶさ君 人気加速 13日に地球帰還(毎日新聞)
「小沢包囲網」の様相、菅氏支持派が結束(読売新聞)
コンパ後死亡の神奈川歯科大生 上半身に落書き、顧問も同席(産経新聞)
保護時の体重40キロ未満=トイレ監禁の中3男子―警視庁(時事通信)
議長不信任決議案、上程せず…衆議運委(読売新聞)

<口蹄疫>大エース感染疑い 畜産関係者に大きな衝撃(毎日新聞)

 口蹄疫(こうていえき)感染は「宮崎の宝」にまで及んだ。感染の疑いが強い「忠富士(ただふじ)」は、感染発生地から離れた畜舎に隔離されていたエース級6頭の種牛の中でもトップ。宮崎からは各地のブランド和牛になる子牛を供給していただけに、他の5頭も感染していれば、全国の畜産業界に大きな影響を与える。県内外の畜産関係者は衝撃に言葉を失った。

 「宮崎ブランドの中心をなす種牛を失い、誠に残念」。22日未明、宮崎県庁で記者会見した県農政水産部幹部は、落胆の色を隠せなかった。

 忠富士の遺伝子検査で陽性反応が出た20日、高島俊一・同部長は「間違いであってほしい」とよく眠れなかったという。しかし、21日には動物衛生研究所の再検査で「クロ」の判定が出た。

 6頭は、県内で人工授精に使われる冷凍精子の9割を占め、口蹄疫から宮崎ブランドを立て直していく最後のとりでだった。中でも忠富士はその4分の1を供給する「スーパー種牛」候補だった。

 6頭は国の特例で13日、それまでいた同県高鍋町の県家畜改良事業団から北西に約24キロ離れた同県西都市の標高約700メートルの簡易牛舎に移された。周囲5キロに畜産農家はない。牛舎は2メートル四方の部屋が七つあり、それぞれ高さ3メートルの木板で仕切られ、接触はなかった。神経質だった忠富士は、残りの5頭とは1部屋を置き一番北側の部屋で飼われていた。1頭に1人ずつ世話人が付き、観察を続けていたという。

 県は、事業団からの移動時期が遅れたことが致命的だったとみている。「事業団にいる時に感染した可能性が高く、結果として移動の時期が遅すぎた」。農政部幹部は認めざるを得なかった。

 せめてもの救いは他の5頭によだれなどの口蹄疫特有の症状がなく、20日採取の遺伝子検査でも陰性で、さらに1週間経過観察を続けることを国が了承したことだ。しかし、同部の押川延夫次長は5頭の感染について「厳しいとは思う」と表情を曇らせた。

 種牛を育てるには通常、約7年かかるといわれる。県によると、冷凍精子のストックは1年分はあるが、「その次の年からは供給できない。(他の5頭感染なら)宮崎の畜産は壊滅だ。30〜40年かけて築いてきた財産が水泡に帰す」(押川次長)という。【古田健治】

 ◇「だめじゃないか」と宮崎県に抗議電話

 宮崎県で生まれた肉用牛は各地のブランド和牛の「元牛(もとうし)」として全国に出荷されている。

 佐賀県畜産課によると、同県の肥育農家約280戸が出荷する肉牛の14%が元は宮崎県産。そのうち数割が高級牛「佐賀牛」になる。種牛に感染が広がったことを受け、同課の担当者は「子牛の仕入れ先は鹿児島をトップに南九州が中心。壊滅的とまではいかないが影響が出るのは必至。これ以上広がらないことを願うばかり」と話した。

 宮崎県畜産課には早朝から、種牛への感染について「だめじゃないか」などと、県内外から抗議の電話がかかっているという。

 宮崎県内の種牛の選抜に詳しい原田宏・宮崎大副学長(家畜育種学)は「候補の精子で試験種付けをして1年後に子牛が生まれ、さらに1年間育てないとその肉質を調べることができない。質が良ければ種牛になるが、相当な時間がかかる。鹿児島や北海道と共に日本の食肉を支えてきた宮崎の牛がごそっとなくなる影響は計り知れない」と指摘する。

【関連ニュース】
口蹄疫:22日からワクチン接種…補償案受け入れ
口蹄疫:宮崎発着の航空券変更など手数料取らず 全日空
口蹄疫:「殺処分奨励金」評価全額支払い方針 農相が表明
口蹄疫:宮崎県西都市でも新たに感染の疑い 2市4町に
口蹄疫:新たに疑い例処分は約13万頭に

国の失業支援融資金を詐取 大阪の会社、強制捜査へ(産経新聞)
保健師資格の取得は大学? それとも大学院?(医療介護CBニュース)
署名拒否なら首相発言も 官房長官が日米合意の修正は否定(産経新聞)
新種の角竜類化石発見=欧州初、アジアから進出か(時事通信)
小沢氏、再び不起訴 供述食い違い、真相は?(産経新聞)

乾燥大麻をネット販売、北海道の男2人逮捕(読売新聞)

 インターネットで販売するため乾燥大麻を隠し持っていたとして、大阪府警少年課などは18日、いずれも北海道北見市の自営業・石川裕一(30)、同・佐々木周平(30)両容疑者を大麻取締法違反(営利目的所持)容疑で現行犯逮捕、倉庫などから乾燥大麻26・4キロ・グラム(末端価格約1億6000万円)を押収した。

 石川容疑者らは、「昨夏から大麻を自生地で刈り取り、倉庫で乾燥した後、ネットで販売した」と供述。府警は数百人に売りさばいたとみている。

 発表によると、石川容疑者らは18日午前、同市内のビルで、乾燥大麻を隠し持っていた疑い。

 府警は3月、大麻を所持していた堺市の少年(19)を逮捕。入手先として、ネット上で「大麻 マリファナ 種 販売いたします」と宣伝していた石川容疑者らが浮上した。

タクシー運転手遺体、強盗殺人として捜査 神奈川・平塚(産経新聞)
発見!昔の鉄道工事映像200本…京阪電鉄(読売新聞)
<2人刺殺>住人の44歳男逮捕 大阪・西淀川のマンション(毎日新聞)
<口蹄疫>種牛も感染疑い 49頭、初の殺処分(毎日新聞)
マレーシアから麻薬密輸容疑=台湾出身の女、主婦らに販売−警視庁(時事通信)

着服した金を返すために着服 日本フリーザー元総務部長を逮捕(産経新聞)

 勤務先から約300万円を着服したとして、警視庁本富士署は業務上横領の疑いで、冷凍機器メーカー「日本フリーザー」(東京都文京区)元取締役総務部長、佐藤松男容疑者(68)=埼玉県草加市谷塚町=を逮捕した。同署によると、佐藤容疑者は「前に務めていた会社で使い込んだ金を返すためにやった」などと容疑を認めている。同署は佐藤容疑者が平成16年5月〜18年6月、二十数回にわたり、計約7000万円を着服したとみて調べている。

 逮捕容疑は16年5月、同社の普通預金口座から約1500万円を当座預金口座に移す際、約300万円を自分の口座に入金し、横領したとしている。

 同署によると、佐藤容疑者は5年3月に入社し、経理などを担当。営業実績と帳簿上の金額が合わないことに同社が気付き、不正が発覚した。同社は20年4月に佐藤容疑者を懲戒解雇し、昨年9月に同署へ告訴していた。

【関連記事】
住民納めた税金着服の疑い 大田区元係長逮捕
交番の巡査長、落とし物の財布から1500円横領 落とし主は6歳児
陸上自 旅行積立金着服の自衛官を免職
女性事務職員が約840万円着服 大分・中津市の社会福祉協議会
弁護士が6500万円着服か 家裁が刑事告発検討

鳩山首相、ヘリ部隊の一部は徳之島に 高嶺議長らとの会談で(産経新聞)
こち亀「両さん像」壊した男、器物損壊容疑で書類送検(産経新聞)
9地点で月間日照時間最少=4月、寒暖の差大きく−気象庁(時事通信)
<にっぽんの色>咲き誇る桜 駆け足で見ごろ…秋田(毎日新聞)
「首相発言軽すぎる」=普天間未決着なら進退問う−改革・舛添氏(時事通信)

辺野古案修正、米と協議=普天間問題の打開模索−政府(時事通信)

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題で、岡田克也外相が23日にルース米駐日大使と都内で会談し、キャンプ・シュワブ沿岸部(同県名護市辺野古)に移す現行計画の修正をめぐり、協議していたことが25日、分かった。同問題の5月末決着が絶望視される中、米側が現行計画を「唯一実現可能」としていることから、その修正による打開を模索したものだ。しかし、県内移設に対する沖縄の反発は強く、修正案も同意を得られる見通しはない。
 政府関係者は25日、岡田外相とルース大使の協議に関し、シュワブ沿岸案の修正が可能かどうか話し合ったことを明らかにした。ただ、「現行計画を主張している米側から切り出した」とし、修正は日本側からの提案ではないと強調した。 

【関連ニュース】
【特集】迷走!普天間移設〜5月中の決着は?〜
【特集】沖縄と米国海兵隊〜普天間問題の背後にあるもの〜
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能〜みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜

「郵政法案は改革逆行」=自民・幹事長(時事通信)
高速新料金制を再検討=異論続出で−政府・民主(時事通信)
ぜんそく治療中の半数以上で「コントロール不十分」(医療介護CBニュース)
使途は地方の自由裁量に=補助金の一括交付金化で−鳩山首相(時事通信)
<猿橋賞>奈良先端科学技術大学院大の高橋淑子教授が受賞(毎日新聞)

<石巻2人刺殺>17歳少年を逆送…仙台家裁決定(毎日新聞)

 宮城県石巻市の民家で南部美沙さん(20)ら2人が刺殺され、南部さんの妹(18)が一時連れ去られた事件で、仙台家裁(鈴木桂子裁判長)は19日、殺人未遂などの非行内容で送致された東松島市の無職少年(17)を仙台地検に検察官送致(逆送)すると決定した。無職少年が殺人未遂罪で起訴されれば、裁判員裁判の対象となる。

 決定によると、無職少年は凶器の刃物を調達し、2月10日午前6時40分ごろ、民家2階の寝室に侵入。妹の元交際相手で元解体工の少年(18)が美沙さんら2人を刺殺するなどした際、被害者が逃げられないようにして、元解体工の少年の犯行を助けたとしている。【須藤唯哉】

【関連ニュース】
殺人未遂容疑:警官2人刺傷の男逮捕 長崎
殺人未遂容疑:女性切り付けた27歳女逮捕 東京・公園で
長崎警官重軽傷:容疑者を特定、殺人未遂容疑で指名手配
殺人未遂:警官2人刺され重軽傷 男は逃走 長崎・佐世保
長官狙撃事件:警視庁が捜査検証 半年めどに報告書

元大和郡山市議に無罪=詐欺罪で起訴、懲役4年求刑−奈良地裁(時事通信)
春の園遊会 浅田さんら五輪メダリスト出席(毎日新聞)
虐待 老人施設職員が入所者の裸撮影など 宇都宮(毎日新聞)
<東レ>子会社取引で申告漏れ指摘される 異議申し立てへ(毎日新聞)
公務員ボーナス、2年連続下げか=来月から民間給与調査−人事院(時事通信)

進次郎氏、高校の制服は腰パンでした(スポーツ報知)

 自民党の小泉進次郎衆院議員(29)が17日、都内の慶大で「日本論語研究会」の講師として講演し、野球部に在籍した関東学院高時代の意外な“腰パン過去”を暴露した。

 「制服を“腰パン”してて、監督に怒られた。国母選手に何も言えないな」。バンクーバー五輪での服装の乱れで批判を浴びたスノーボード日本代表の国母和宏(21)を引き合いに爆笑を誘った。当時は「ズボンを上げたらヒット打てるのか」と理解できなかったそうだが「部活で上下関係、礼儀作法を学べた。今では感謝してます」とまとめた。

 初当選した昨年の衆院選からの自身に対する報道や国民の評価を「世襲のシンボル、軟弱で頭も悪いと批判された。今は、僕がどこでボロを出すか待ってる」そう分析した進次郎氏は「人がどう見ようと恨んではいけないと選挙で学んだ」と語りかけていた。


 【関連記事】
安住氏、息子を父と呼び間違えちゃった 進次郎氏を「小泉純一郎君!」
進次郎氏も三原じゅん子を歓迎「しごきはボディーに」
進次郎氏VS亀井氏 「郵政」巡り因縁バトル
自民党が遊説担当に小泉ジュニアら起用
小泉進次郎 衆院議員 関東学院 を調べる

井上ひさしさん、鎌倉にも大きな足跡(読売新聞)
あす赤塚植物園で緑のイベント(産経新聞)
【from Editor】懐かしい上坂先生の一喝(産経新聞)
竹島周辺海域の地質調査、韓国に中止を要求(読売新聞)
西濃運輸のトラック24台、車検切れで運行(読売新聞)

参院大阪2人目に岡部まり氏=民主(時事通信)

 民主党の小沢一郎幹事長は14日午後、大阪市で記者会見し、夏の参院選大阪選挙区(改選数3)にタレントの岡部まり氏(50)を擁立すると発表した。同選挙区では現職の尾立源幸氏を既に公認しており、同党からは2人目の候補となる。
 小沢氏は「互いに切磋琢磨(せっさたくま)して支持基盤を広げる」と、複数候補擁立の意義を強調。岡部氏について「われわれが今まで手の届かなかった幅広い方々の支援と支持をいただける候補者になる」と語った。
 岡部氏は現在、関西のテレビ局が制作する人気番組に出演している。会見に同席した岡部氏は「自分の感性、判断で国造りの政治に参加していきたい」と述べた。 

【関連ニュース】
税なしでデフレ脱却、財政再建は可能〜みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
政界再編含み 政局は五月「最大のヤマ場」へ
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる

法人化後の国立大の施設管理業務、総合大学の改善率が低い傾向(医療介護CBニュース)
<立川談志さん>高座に復帰(毎日新聞)
4歳女児、車にひかれ死亡=ホームセンター駐車場で−埼玉(時事通信)
時効撤廃・延長法案を可決=人命奪う犯罪対象−参院法務委(時事通信)
「小便かかった」会社員から5000円強奪、2人組逮捕(産経新聞)

【風】現役世代、それぞれの思い(産経新聞)

 《高校に進学するため、塾に入る生徒もいましたが、学力差が生まれたとはとても思えません。少なくとも、家庭の事情で学力が低い生徒はいなかったと記憶しております》

 沖縄県の公立小中高校出身で、現在は大阪府内に住む会社員男性(23)の意見。《連載にあるような「教職者の質」「学力の差」などがまったく分かりません》と記している。

 現役に近い若い読者からは、公立高に通った経験についての意見をいくつかいただいた。

 その中で、大阪府内の公立高を今春卒業した18歳の方は《公立高校の授業だけでも大学に行く方法はたくさんあります》と提起。《中でも一番、楽な方法は指定校推薦入試。定期テストでいい成績をとっているだけで、筆記試験なしで面接だけで大学に行けます。私の高校でも、たいして勉強せずに関関同立に指定校推薦で合格した人はたくさんいます》とつづっていた。

 「一番楽な方法」「たいして勉強せずに」と言われると反発が出るかもしれないが、高校の定期テストが評価されるので、授業とその復習を頑張れば、塾に通わずとも十分大学に入れるという指摘だ。

 公立高から塾に通わず大学に合格した女性(18)からは、次のようなお便りをいただいた。

 《私の公立高校は大半が大学進学ですが、放課後になると生徒が先生にわからない個所を教えてもらったり、自習室や教室でよく勉強する姿をみかけます。学校の体制も生徒の学力を伸ばすのにもちろん必要ですが、生徒自ら知識を積極的に吸収しようという姿勢も必要だと思います》

 一方、母子家庭で経済的に厳しく、府立高を卒業後、アルバイトをしながら浪人生活を送った大阪府の女性(19)は、自身の境遇を振り返りつつ、問題を投げかけている。《高校授業料の無償化は私のような貧乏な家庭にはありがたいことです。でも、裕福な家庭には必要なのでしょうか。授業料を無償にしたからといって、貧乏な家庭の子が予備校に行けるわけではありません。結局、格差は広まるばかりだと思うのです》(健)

虐待の恐怖から救え 松本聖香さん事件から1年 遺族、厳罰化訴え(産経新聞)
スペースシャトル 山崎さん搭乗、ISSとドッキング(毎日新聞)
4児死亡火災、火元は車内のライターと断定(読売新聞)
放鳥トキの卵確認=自然界で産卵初めて−環境省(時事通信)
<火災>マンションの一室全焼、1人死亡2人重体 川崎(毎日新聞)

calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
sponsored links
リンク
探偵
クレジットカード現金化 還元率
ブラック キャッシング OK
債務整理無料相談
クレジットカード現金化 比較
selected entries
archives
recent comment
  • <労災申請>精神疾患、初の1000件超 認定は減少傾向−−09年度厚労省まとめ(毎日新聞)
    AtoZ (08/27)
  • <労災申請>精神疾患、初の1000件超 認定は減少傾向−−09年度厚労省まとめ(毎日新聞)
    志波康之 (01/17)
  • <労災申請>精神疾患、初の1000件超 認定は減少傾向−−09年度厚労省まとめ(毎日新聞)
    オリンキー (01/03)
  • <労災申請>精神疾患、初の1000件超 認定は減少傾向−−09年度厚労省まとめ(毎日新聞)
    ポリエモン (12/20)
  • <労災申請>精神疾患、初の1000件超 認定は減少傾向−−09年度厚労省まとめ(毎日新聞)
    きんちゃん (12/17)
  • <労災申請>精神疾患、初の1000件超 認定は減少傾向−−09年度厚労省まとめ(毎日新聞)
    ちょーたん (12/13)
  • <労災申請>精神疾患、初の1000件超 認定は減少傾向−−09年度厚労省まとめ(毎日新聞)
    夜沢課長 (12/09)
  • <労災申請>精神疾患、初の1000件超 認定は減少傾向−−09年度厚労省まとめ(毎日新聞)
    ポロネーゼ (12/04)
  • <労災申請>精神疾患、初の1000件超 認定は減少傾向−−09年度厚労省まとめ(毎日新聞)
    加藤よしはる (11/07)
  • <労災申請>精神疾患、初の1000件超 認定は減少傾向−−09年度厚労省まとめ(毎日新聞)
    ぬらえもん (11/01)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM